ヒット曲けんきゅうしつ

流行した音楽を探して、色々考えるブログ

「花はおそかった」美樹克彦(昭和42年)

f:id:hitchartjapan:20190615211733j:plain

流行時期(いつ流行った?)

 美樹克彦さんの「花はおそかった」は、昭和42年にヒットしました。『レコードマンスリー』の月間ランキングによると、4、5月に最もヒットしていたようです。

 

集計日付 順位
昭和42年3月 23位
昭和42年4月 5位
昭和42年5月 5位
昭和42年6月 9位
昭和42年7月 24位

※『レコードマンスリー』歌謡曲部門のランキング推移

 

 

ブームの終盤にヒットした青春歌謡 

 オリコンが始まった昭和43年(1968年)以降は、グループサウンズの勢いが目立ち、青春歌謡の人気がすでに下火となっていると感じます。

 

 そのため、昭和42年に「花はおそかった」がヒットした事がいまいち理解できません。

 

 流行を1年単位で考えると謎に感じますが、昭和42年4月は、後の若者音楽の流行を変える事になる「ブルー・シャトウ」がヒットし始めていた時期です。

 「花はおそかった」もこの時期にヒットしているため、青春歌謡は昭和42年4,5月までは、まだグループサウンズよりも人気が高かったか、もしくは拮抗していた時期だったと考えられます。

 昭和42年4、5月を境目にして、青春歌謡ブームが落ち着き、グループサウンズブームへと転換していったように感じます。

 

青春歌謡が取り上げる主題

 「花はおそかった」が描く世界観は、昭和40年前後に人気となったテーマです。恋人、もしくは片想いの女の子と死別する若者が主人公で、深い悲しみが描かれています。

 

 これから長い人生を歩むはずだった若者が、難病を患う等して亡くなってしまう。その場面に直面する残された若者の心理を描く作品が青春歌謡ではたまに取り上げられます。

 希望を失った悲しみや、もし生きていたらと思う、やりきれない気持ちが描かれます。

 

 登場人物が若者なので、やはり青春歌謡の作品が目立ちます。橋幸夫さんの「江梨子」(昭和32年)や舟木一夫さんの「絶唱」(昭和41年)がヒットしましたが、このテーマで最大のヒットとなったのは、青山和子さんが歌った「愛と死をみつめて」(昭和39年)と思います。

 

 「花はおそかった」が、すでに様々な作品で取り上げられたテーマを描きながらもヒットしたのは、登場人物の“悲しさ”よりも、“くやしさ”が前面に描かれているためだと感じます。それまでの作品が描かなかった心情です。

 

 「花はおそかった」では、恋心を抱いていた少女の命を奪った運命の理不尽さに対する、行き場のない怒りの感情が描かれています。歌唱よりも、最初と最後のセリフで表現されています。

 

 歌唱では、間に合わなかったことを詫びていますが、何度も何度も繰り返している事が印象的に残ります。主人公は、2人の想い出だった花を見せて、少しでも元気を出してもらおう!と考えていた事が聴き手にも伝わります。

 

感情を前面に出した歌

 美樹克彦さんは「俺の涙は俺がふく」(昭和40年)でも、失恋したときのくやしい気持ちを歌われています。フラれた事にクヨクヨして悲しいというのではなく、くやしいと感じる気持ちが前面に描かれています。

 

 昭和のレコード流行歌では、“感情を強調しない事”が暗黙のルールとして存在していたように感じます。

 

 例外には、丸山明宏さんのようなシャンソン歌手や、植木等さんのようなコミカルな作品を取り上げる歌手や、テレビアニメの主題歌を歌う歌手が、わざと喜怒哀楽を強調した歌唱で表現されていました。

 

 昭和40年代に入ってからは、若者が自分たちで音楽を作って歌う時代になりましたので、“感情を大げさに表現するような歌唱をしてはいけない”、という価値観が変化したように感じます。

 

 「花はおそかった」はその価値観の変化があった事で、支持を集めたのではないかと考えます。

 

 バンドプロデューサーの分析では、「花はおそかった」はCマイナー(ハ短調)です。

 

曲情報

 発売元:日本クラウン株式会社

 品番:CW-619

 A面

  「花はおそかった」

  英題:HANA WA OSOKATTA

  演奏時間:3分26秒

  作詞:星野 哲郎

  作曲:米山 正夫

  編曲:重松 岩雄

 

 B面

  「恋の挑戦状」

  英題:KOI NO CHOSENJO

  演奏時間:2分57秒

  作詞:中山 大三郎

  作曲:米山 正夫

  編曲:重松 岩雄

 

参考文献

 「花はおそかった」レコードジャケット

 『レコードマンスリー』日本レコード振興

 「バンドプロデューサー」