ヒット曲けんきゅうしつ

流行した音楽を探して、色々考えるブログ

「涙の太陽」エミー・ジャクソンとスマッシュメン(昭和40年)

f:id:hitchartjapan:20211103193833j:plain

流行時期(いつ流行った?)

 エミー・ジャクソンとスマッシュメンさんの「涙の太陽」は、昭和40年(1965年)にヒットしました。

 

 『ミュージックマンスリー』の"洋楽の月間ランキング"によると、2月に発売されたレコードは、6月~9月にかけてヒットしています。

 

 

年月 順位
昭和40年05月 13位
昭和40年06月 3位
昭和40年07月 1位
昭和40年08月 3位
昭和40年09月 3位
昭和40年10月 12位
昭和40年11月 19位

 

 


www.youtube.com

注)エミー・ジャクソン - トピックの動画

 

 

 

すぐにバレたであろう日本人製作の洋楽盤

 当時、洋楽で人気を集めていたのはビートルズさんとベンチャーズさんです。

 

 この2大アーティストは東芝音楽工業さんから発売されており、おかげで他社の洋楽部門の成績が相当落ち込んだようです。

 

 ビクターさんのようにエルヴィス・プレスリーさんのようなスター歌手を持たない日本コロムビアさんは、"日本人が製作した楽曲を洋楽として発売する"という奇策を実行されます。

 

 

 レコードの解説には、

"どうもこの頃のヒット・ソングはパッ!!としないな。なんか一つぐらい腹にこたえるような曲はないもんかな" 最近のヒット・ソング界は、あなたも私も大分ニツマっているようす。街を歩いていても、よくこんな言葉が耳にとびこんできます。 ちょっと見わたしてみても、アメリカのポピュラー界をリードしてきた既成のR&R。現在、日の出のいきおいにあるウェスト・コースト・サウンド。イタリアのカンツォーネ・・・・・・etc。 これらが日夜激しい争奪戦を演じているんですから大変なもの。これでは市場はまったくの混線状態です。 でも、悲観するのはまだ早すぎました。とにかく一度このレコードをお聞きになって下さい。ニツマリ解消をもたらすルーキー”エミー・ジャクソン”のデビュー・ヒット盤です。

 と書かれています。

 

 日本人が製作した事には触れていません。

 

 しかし、レコード盤に作詞者の湯川れい子さんを"R.H.Rivers"と表記しているものの、作曲者の中島安敏さんは"Y.Nakajima"と印字されています。

 

 なぜ湯川さんのようにセントラル・アイランドみたいにしなかったのでしょうか・・・(^^;A。

 

 レコードを購入された方は、「あれ?日本人が作ったの?」と一目瞭然だったと思います。

 

 

 『日本人が製作した楽曲を洋楽として発売する事例』には前例があります。日本グラモフォンさんが発売された「暗い港のブルース」(1963)は、早川博二さん作曲です。

 

 当時の音楽業界では「誰が作ろうと、洋楽レーベルから発売するもの=洋楽」という価値観が勝っており、特筆する程の奇策では無かったのかも知れません。

 

 

記録より記憶に残る日本語盤?

 当時は英語の歌詞でヒットしましたが、後世では"♪ギーラギーラ"で始まる日本語詞で歌い継がれていると感じます。

 

 おそらく1973年に発売された安西マリアさんの日本語カバー盤がきっかけと感じます。

 

 しかし、記録ではそれほど支持を集めていないようです。『レコード・マンスリー』の月間ランキングでは、7月に発売されたレコードは8月に16位を記録しています。

 

 

 この時期は"エレキインスト作品を若い女性が歌う"という企画が流行っていたようです。

 

 「太陽の彼方」も同じく日本語で"ノッテケノッテケ"として広まっていると思いますが、きっかけは1972年に発売されたゴールデン・ハーフさんの歌唱盤と思われます。

 

 どちらの作品もレコードは小ヒットにも関わらず、当時の世代の方々の記憶に残っている傾向を感じます。何かのTV番組で放送されて流行したのでしょうか?

 

 

ベンチャーズ歌謡の先駆け?

 日本コロムビアさんは「もし、ベンチャーズさんの音楽にボーカルを加えたら・・・」という発想で「涙の太陽」を企画されたと思います。

 

 この発想は大成功を収めましたが、東芝さんも「その発想面白いですね、頂きます。」と考えたらしく、「二人の銀座」(1966)、「北国の青い空」(1967)と、ベンチャーズさん作曲の歌謡曲を発売される事になります。

 

 もしかすると「涙の太陽」の成功は、後にベンチャーズ歌謡を誕生させるきっかけとなったのかも知れない、と感じたりもします。

 

 

曲情報

 発売元:日本コロムビア株式会社

 品番:LL-742-JC

 

 期待のニュー・!ヴォイス!

 

 A面

  「涙の太陽」

  原題:CRYING IN A STORM

  作詩:R.H.Rivers(湯川れい子)

  作曲:Y.Nakajima(中島安敏)

 

 

 B面

  「とどかぬ想い」

  原題:SUDDENLY I'M ALONE

  作詩:R.H.Rivers(湯川れい子)

  作曲:Y.Nakajima(中島安敏)

 

 

参考資料

 「涙の太陽」レコードジャケット

 『ミュージック・マンスリー』月刊ミュジック社

 『レコード・マンスリー』日本レコード振興株式会社