ヒット曲けんきゅうしつ

流行した音楽を探して、色々考えるブログ

「七人の刑事」ビクター・オーケストラ(昭和37年)

f:id:hitchartjapan:20210103184441j:plain

流行時期(いつ流行った?)

 ビクター・オーケストラさんの「七人の刑事」は、昭和37年(1962年)にヒットしました。

 

 当時放送されていた、同名テレビドラマの主題曲です。ベストテン入りはしていませんが、5か月間ランクインしています。流行歌ではロングセラーと呼べる流行り方をしています。

 

年月 順位
昭和37年04月 11位
昭和37年05月 11位
昭和37年06月 14位
昭和37年07月 13位
昭和37年08月 13位

※『ミュージック・マンスリー』邦楽のランキング推移 

 

 


七人の刑事

注)YouTube に使用を許可しているライセンス所持者 JVCKENWOOD Victor Entertainment Corp.; Muserk Rights Management

 

 

ドラマ主題歌がヒットした1962年

 テレビドラマデータベースさんによると、『七人の刑事』の放送が開始したのは1961年10月4日です(テレビドラマデータベース:七人の刑事検索結果)。

 

 その後、1969年4月28日までシリーズが続いています。7年半近くに渡って放送された長寿番組だったのですね。

 

 

 この年はドラマ主題歌がヒットする傾向が目立つ年です。アイ・ジョージさんの「硝子のジョニー」橋幸夫さんの「若いやつ」島倉千代子さんの「夕月」などがヒットしています。

 

 

歌詞のないヒット曲

 この作品の特徴は"歌詞が無い事"です。そのためレコードでは"流行歌"ではなく、"軽音楽"のジャンルで扱われています。

 

 歌詞カードも下図のように、歌詞が印刷される部分が真っ白になっています。

 

f:id:hitchartjapan:20210105221930j:plain

 …大胆で斬新ですね(^^;A、初めて見た時はビックリしました。曲紹介か解説を印刷してくれてもいいのに(>_<)、と思いました。

 


 日本で製作された軽音楽、演奏のみのシングル盤がヒットしたのは、この作品が第1号ではないか?と思われます。

 

 

 また、この次にヒットするドラマ主題曲は、100回放映記念でレコードが発売された「太陽にほえろ!」(1974)や「Gメン75のテーマ」(1975)です。

 

 "歌の無いドラマ主題曲"というと、刑事ドラマという印象がありますね。「七人の刑事」は元祖と言える作品です。

 

 

 殺人事件がつきものの刑事ドラマでは、関わった人たちの憎しみや悲しみの心情が描かれます。

 

 ドラマで描かれる悲劇、普段は隠している人間の心の闇などをイメージして作曲されたように感じます。

 

 劇中のBGMで流せるように、あえて歌詞を作らなかったのかも知れませんね。

 

 

ミステリアスな男声ハミング

 1番はサックスがメインですが、2番では男声ハミングに変わります。

 

 テレビ放送でも、男声ハミングのパートが放送されていたようです。

 

 私の持っているレコードジャケット(上図)には、ハミングをしている方の名前が印刷されていません。

 

 しかし、「(ハミング)Z・デチネー」と追加で印刷されているバージョンも存在します(参考:オークフリーのサイト)。

 

 「あの曲でハミングをしてる男性って誰なんですか?」と、ドラマ視聴者からの反響が大きかったのかも知れません。

 

 

曲情報

1962年 年間17位(邦楽)

 

 

レコード

 発売元:ビクターレコード

 品番:VS-662

 

 A面

  「七人の刑事」

  作編曲:山下毅雄

  演奏:ビクター・オーケストラ

  演奏時間:3分33秒

 

  TBS連続テレビ劇「七人の刑事」主題曲

 

 

 B面

  「恋のムード」

  作詩:川内康範

  作編曲:山下毅雄

  歌:松尾和子

  演奏時間:4分25秒

 

  ビクター・オーケストラ

 

 

参考資料

 「七人の刑事」レコードジャケット

 『ミュージック・マンスリー』月刊ミュジック社

 「テレビドラマデータベース」Webサイト

 「オークフリー」Webサイト