ヒット曲けんきゅうしつ

流行した音楽を探して、色々考えるブログ

「霧のロンドン」ジョー・スタッフォード(昭和32年)

f:id:hitchartjapan:20190508222532j:plain

 

 『ダンスと音楽』のヒットチャートによると、ジョー・スタッフォードさんの「霧のロンドン」は、日本では昭和32年(1957年)にヒットしました。SP盤のランキングでは、4月から6月にかけて2位を記録しています。

 

『ダンスと音楽』SP盤ランキング推移

集計月 順位
昭和32年3月 5位
昭和32年4月 2位
昭和32年5月 2位
昭和32年6月 2位
昭和32年7月 3位
昭和32年8月 5位
昭和32年9月 9位
昭和32年10月 16位

  

 この時代の洋楽のヒット曲は、曲名がレコード発売当時の表記で確定されていない事が多いです。「霧のロンドン」というタイトルで発表されたこの作品も、現在では「霧のロンドン・ブリッジ」というタイトルで浸透しているようです。

 

 原題が「ON LONDON BRIDGE」ですので、「霧のロンドン・ブリッジ」の方が内容に一致しており、良いと思います。

 

 

 商品名ともいえる曲名が、後の世で訂正・変更される事は意外に感じます。当時のレコード会社は、海外の新曲を大急ぎで商品化していたために、曲名の和訳がおろそかになっていたのだろう、とも感じます。

 

 「オン・ロンドン・ブリッジ」と、カナ表記のままにせず、なぜか“ブリッジ”を省いて“霧の”を加えて「霧のロンドン」とする、微妙なさじ加減が面白く感じます。ロンドンと言えば、橋ではなく霧の都というイメージがあったのでしょうか。

 

 聴き手にとっては、ラジオやテレビから流れてくるメロディが耳に残ったとしても、よほど好きでない限り、自分から調べて知る事はありません。「あの歌の曲名ってなんだっけ?」程度ですので、別に後々曲名が変わっても問題はありません。

 

 「霧のロンドン(霧のロンドン・ブリッジ)」は、初めて聞いた時に、「当時ヒットしたのだろうなぁ。」と感じる作品です。

 

 イントロの男声コーラスを聴いた時点で、作品が表現する世界を感じる事ができますが、それよりもリズムがタータ、タータとスイングしているからかもしれません。楽しい気持ちにさせてくれるリズムです。

 

 聴いているだけでは英語詞の意味も分かりませんので、何を歌っているのか知りませんし、歌いだしのメロディが耳に残えるのはなぜか、それを何故良いと感じるのか?を説明できません。しかし、聴く人の気持ちを惹きつける魅力を持つ作品であると感じます。

 

 バンドプロデューサーの分析では、「霧のロンドン(霧のロンドン・ブリッジ)」はA♭メジャー(変イ長調)、終盤は半音上がってAメジャーになります。音楽的な事は調性しか分析出来ていませんが、新しい事が判明すれば、内容を加筆していきます。

 

 

曲情報

  発売元:コロムビア・レコード

  品番:LL-51

 

  A面

   「霧のロンドン」

   英題:ON LONDON BRIDGE

   唄:ジョー・スタッフォード

   JO STAFFORD with PAUL WESTON & his Music From Hollywood

 

 

  B面

   「お気に召すまゝ」

   英題:YOU DON'T OWE ME A THING

   唄:ジョニー・レイ

 

参考資料

 「霧のロンドン」レコードジャケット

 『ダンスと音楽』ダンスと音楽社

 「バンドプロデューサー5」