ヒット曲けんきゅうしつ

流行した音楽を探して、色々考えるブログ

「雨の日のブルース」渚ゆう子(昭和46年)

f:id:hitchartjapan:20201020185441j:plain

流行時期(いつ流行った?)

 渚ゆう子さんの「雨の日のブルース」は、昭和46年(1971年)にヒットしました。

 

 オリコンランキングによると、8月に発売されたレコードは9月末から11月初旬にかけてヒットしています。

 

 レコード・マンスリーのランキングも似たような推移となっています。

年月 順位
昭和46年09月 13位
昭和46年10月 10位
昭和46年11月 14位
昭和46年12月 25位

※全国のレコード店のえらんだ今月のベストセラーズ

 

 1971年10月に最も人気を集めたと考えられます。

 

 


雨の日のブルース  渚ゆう子

注)YouTube に使用を許可しているライセンス所持者 UMG(Universal Music LLC の代理); Muserk Rights Management

 

 

人気を集めた作品?

 「雨の日のブルース」はセカンド・ジャケットも制作されたようです。私が持っているレコードは背景が青地で、渚ゆう子さんがビニール傘を差している写真です。

 

 どちらが最初のジャケットかは分かりません。

 

 チャート成績ではランクインした期間も長く、前作の「さいはて慕情」よりも人気を集めた作品です。

 

 レコード会社は予想外の人気を確認した事で、ジャケットを差し替えたのかも知れません。

 

 

#筒美京平さんのスゴイところ①

 「雨の日のブルース」は筒美京平さんが作曲されています。

 

 筒美さんは「京都の恋」(1970)と「京都慕情」(1970、1971)と、ベンチャーズさんが作曲された歌謡曲(ベンチャーズ歌謡)で、渚ゆう子さんがすでに大人気となっているタイミングで楽曲製作を担当する事になっています。

 

<渚ゆう子さんの主な作品>

曲名 作詩 作曲 編曲 品番
京都の恋 林春生 ザ・ベンチャーズ 川口真 TP-2282
京都慕情 林春生 ザ・ベンチャーズ 川口真 TP-2357
さいはて慕情 林春生 筒美京平 筒美京平 TP-2404
雨の日のブルース 橋本淳 筒美京平 筒美京平 TP-2500
長崎慕情 林春生 ザ・ベンチャーズ 川口真 TP-2615

 

  現在進行形で人気を集めている歌手の新曲を依頼されている事になります…。かなりのプレッシャーを感じる仕事だったと思います…(^^;A。

 

 作り手が変わると、なぜか"素人でも気づいてしまう違和感"が生じるものですが、上の一覧の作品を続けて聴いても、特に感じません。

 

 おそらく筒美さんは、「京都の恋」と「京都慕情」で表現された音楽を解釈して、「もしベンチャーズさんが作曲するなら、こういった感じの作品にするだろう。」と想像力を働かせたのだと思います。

 

 筒美さん自身が表現したい音楽があったと思いますが、自らの個性よりも歌手の個性を活かす事を第一にしたと感じます。

 

 また、流行歌に洋楽を取り入れた面が取り上げられる事が多いですが、筒美さんの初期の作品では歌謡曲の要素が強めに感じます。

 

 

雨の日の…ブルース?

 当時、この曲を聴いて"ブルース"であると感じた方はおられたのでしょうか?

 

 「さいはて慕情」よりもベンチャーズ歌謡っぽいサウンド、どちらかというと「京都の恋」に近い曲調ですので…(^^;A。

 

 

 当時、演歌・ムード歌謡の作品で「〇〇ブルース」という作品が数多くヒットしています。

 

 雰囲気で命名された「〇〇ブルース」が世間に浸透している時期に登場した「雨の日のブルース」は曲調がアップテンポで、聴き手の予想を裏切る作品だったのかも知れません。

 

 

 この作品は、歌詞ありき、業界用語でいう詞先で作られたのかも知れない、と考えています。歌詞と曲調が合っていない?と感じてしまう点が気になります。

 

 前作「さいはて慕情」では、ディスカバー・ジャパンの時代感を踏襲されていますが、この作品では旅情が描かれていません。

 

 想像の話になりますが、作詩された橋本淳さんは、一連のヒットで形成された"渚ゆう子さん=傷心で一人旅に出た女性"というイメージを切り取って、主人公の心情を軸に描かれたと思います。

 

 しかし筒美さんは「普段ならスローな曲にするかも知れないけど、ベンチャーズさんの音楽を歌いこなして来た渚ゆう子さんだから、こういう曲調でも表現してくれるよ。」と、”ベンチャーズさんが作曲していたとすれば…”の発想で、テンポの速い作品にされたのではないか?と想像しています。

 

 

曲情報

 発売元:東芝音楽工業株式会社

 品番:TP-2500

 

 A面

  「雨の日のブルース」

  英題:AMENOHI NO BLUES

  作詩:橋本淳

  作曲・編曲:筒美京平

  演奏時間:3分9秒

 

  東芝レコーディング・オーケストラ

 

 

 B面

  「忘れな草をこの胸に」

  英題:WASURENASUGA O KONOMUNENI

  作詩:橋本淳

  作曲・編曲:筒美京平

  演奏時間:3分40秒

 

  東芝レコーディング・オーケストラ

 

 

参考資料

 「雨の日のブルース」レコードジャケット

 「you大樹」オリコン

 『レコード・マンスリー』日本レコード振興株式会社

 『オリコンチャート・ブック アーティスト編全シングル作品』オリコン