ヒット曲けんきゅうしつ

流行した音楽を探して、色々考えるブログ

「One more time,One more chance」山崎まさよし(平成9年)

流行時期(いつ流行った?)

 山崎まさよしさんの「One more time,One more chance」は、平成9年(1997年)にヒットしました。

 

 ご本人が主演された映画『月とキャベツ』(1996年12月21日公開)の主題歌ですが、CDには記載されていません。

 

 タイアップ表記を意図的に伏せていると思います。

 

 オリコンランキングによると、1月下旬に発売されたシングルCDは、2月下旬から3月中旬にかけてヒットしています。

 

 最高順位は高くなく、徐々に曲の良さが伝わるタイプの作品です。

 

 

 


山崎まさよし / One more time,One more chance

注)OfficeAugusta 確認済みの動画

 

 

 

なぜか記憶に残るフレーズ

 タイトルを知らない方でも、『こんなところにいるはずもないのに』というフレーズをどこかで耳にして、記憶に残っているのではないか?と思います。

 

 歌の主人公の心情や性格を的確に描写したフレーズで、作品の主題と感じます。意識して聴いていなくてもなぜか心に残る理由が分かります。

 


 加えてこのフレーズには、「流行語に似た性質」も備えているように感じます。

 

 つい言いたくなる言葉、単純に「日常会話で使いやすいフレーズだから」かも知れません。

 

 会話の流れや場面に合った歌詞がふいに頭をよぎって、真似したくなる心理です。

 

 我が家の場合、「ハロー・グッバイ」(1981)の『行ったり来たり』が会話に出てくる事があります。

 

 「こういう場面のとき、この曲のここの歌詞を言って(思い浮かべて)しまう」みたいなデータがあれば、面白い結果になりそうですね。

 

 

もし時代が合っていれば・・・

 別れた恋人をずっと忘れる事が出来ない心理、切ない気持ちになる弾き語りは心に残ります。最近の流行り主題に近いと思います。

 

 「もっとヒットしても良いのではないか?」と感じますが、バンドが人気で時代に合っていなかったのかも?と感じます。

 

 1997年はテレビとヒットチャート(売上枚数)が権威を持っており、人気歌手・人気番組が支持を集めやすい傾向が存在します。

 

 バラエティ番組で企画されたCDがヒットする事も当たり前でした。

 

 

 当時ヒットしなかった分?音楽配信では、多くの方の心に残っていると感じる記録があります。

 

<日本レコード協会のダウンロード認定>

配信開始日 形態 認定日付 ダウンロード数
2005/11/09 着うたフル(R) 2007/05 10万
2005/11/11 PC配信(シングル) 2009/11 10万
2008/12/25 着うたフル(R) 2010/08 25万

 

 2007年に『秒速5センチメートル』で使用された事が影響しているかもしれませんが、2008年末の配信は、何のタイアップも無く25万ダウンロードを達成している事になります。

 

 「One more time,One more chance」は、時代を超えて聴き継がれるタイプの作品かも知れません。

 

 今後、ストリーミング再生でも名を残す作品になるのだろうと思います。

 

 

曲情報

 発売:ポリドール株式会社

 販売:ポリグラム株式会社

 品番:PODH-1336

 

 トラック1

  「One more time,One more chance」

  作詞・作曲:山崎将義

  編曲:森俊之

 

 

 トラック2

  「妖精といた夏」

  作詞・作曲:山崎将義

  編曲:中村キタロー

 

 トラック3

  「One more time,One more chance(KARAOKE)」

 

 

参考資料

 「One more time,One more chance」CDジャケット

 「you大樹」オリコン

 「一般社団法人 日本レコード協会 有料音楽配信認定」