ヒット曲けんきゅうしつ

流行した音楽を探して、色々考えるブログ

「黄金の腕を持った男」リチャード・マルトビー楽団(昭和31年)

f:id:hitchartjapan:20200617190005j:plain

流行時期(いつ流行った?)

 リチャード・マルトビー楽団(Richard Maltby and his Orch.)さんの「黄金の腕を持った男」は、昭和31年(1956年)にヒットしました。

 

 同年5月末に公開された『黄金の腕』の主題曲ですが、競作のように、いくつかの楽団が吹き込んだ盤が各社で発売され、同時期にヒットチャートに登場しています。

 

 『ダンスと音楽』に掲載されているSPレコードの「トップ・レコード順位」のランキング推移は下記の通りです。

 

 最も支持を集めたのは、リチャード・マルトビー楽団さんの盤になります。各社の盤がランクインした1956年7月が、最もヒットしていた時期と推測されます。

 

年月 リチャード・マルトビー盤 エルマー・バーンスティン盤 ビリー・メイ盤
昭和31年05月 4位 - -
昭和31年06月 1位 10位 -
昭和31年07月 1位 10位 20位
昭和31年08月 1位 10位 -
昭和31年09月 4位 - -
昭和31年10月 11位 - -
昭和31年11月 19位 - -

 

  3か月連続で首位を獲得しているため、当時かなり人気を集めた作品と思われます。

 

 『洋楽シングルカタログ』によると、EP盤が発売されたのは、ヒットから3年後の1959年10月です。

 

 

 


Richard Maltby Theme From The Man With The Golden Arm 1956

注)YouTube に使用を許可しているライセンス所持者 WMG, PIAS, UMG(Ace Records の代理); UNIAO BRASILEIRA DE EDITORAS DE MUSICA - UBEM, SOLAR Music Rights Management, LatinAutor - SonyATV, BMG Rights Management (US), LLC, Warner Chappell, Audiam (Publishing), LatinAutor - UMPG, LatinAutor, EMI Music Publishing, LatinAutor - Warner Chappell, UMPG Publishing, BMI - Broadcast Music Inc.、その他 9 件の楽曲著作権管理団体

 

 

 

主人公の心理をジャズで表現した主題曲

 映画のオープニングからこのテーマ曲が流れて来ます。劇中にも何度か登場しますが、主人公の心のうちを演出する目的で用いられた音楽のようです。

 

 "テーマ曲を映画の様々な場面で繰り返す演出"は、昔の洋画で頻繁に登場しているように思います。

 

 ほとんどのテーマ曲はオーケストラの演奏です。そして、ムードを感じる音楽、イージーリスニングと呼ばれるジャンルに近いの作品がほとんどです。

 

 『黄金の腕』は、雰囲気作りのテーマ曲に、リズム感のあるジャズを採用した事が、当時としては斬新な試みだったようです。

 

 主人公が誘惑に負けてしまうシーンでもテーマ曲が流れ始めます。

 

 

サウンドトラック盤よりも人気が集まった盤

 "ある作品が、複数のレコード会社から発売される現象"は、この年代でよく見かけます。

 

 これは「黄金の腕」にも当てはまります。最も支持を集めたリチャード・マルトビー楽団さんの盤ですが、映画で用いられた音源はエルマー・バーンスティン楽団さんの演奏です。

 

 作品を作曲されたエルマー・バーンスティンさんの楽団が、本命盤となり最も人気が集まるはずですが、なぜか日本ではそれほど支持を集めておりません。

 

 日本で最も支持されたリチャード・マルトビー楽団さんの演奏には、「黄金の腕」と”タイトル不明のヒロインのテーマ曲”の2曲が収録されています。

 

 2つの作品が突然入れ替わるのではなく、『黄金の腕』の主題が徐々にヒロインのテーマ曲の要素を帯びていく編曲で表現されています。

 

 エルマー・バーンスティン楽団さんの『黄金の腕(メイン・テーマ)』だけでも充分聴きごたえはありますが、リチャード・マルトビー楽団さんの演奏は雰囲気の異なる2つの曲を融合させているためか、聴きやすさを備えています。

 

 曲が変化していく導入部分は聴いていて面白いと感じます。本命盤よりも支持を集めたのは、ジャズのみで完結せずに、イージーリスニングの要素も含んだバランスの良さが理由なのかな?と考えてしまいます。

 

 

楽曲分析

 「黄金の腕を持った男」は変ロ短調(B♭マイナー)です。途中のテーマが変わる部分は楽譜が無いので明確に分かりませんが、並行調のD♭に転調している印象を受けます。

 

 ジャズは映画音楽からヒットする事が多いように感じます。1960年代にも何曲かヒットしていますが、1950年代の方が、ジャズにおけるドラムの存在感が大きく感じます。

 

 

曲情報(EP盤)

 発売元:日本ビクター株式会社

 品番:SS-1167

 

 A面

  「黄金の腕を持った男」

  原題:THEME FROM THE MAN WITH THE GOLDEN ARM

  演奏:リチャード・マルトビー楽団

  演奏時間:2分29秒

 

 

 B面

  「恋する乙女」

  原題:A WOMAN IN LOVE

  唄:ボブ・キャロル

  演奏時間:2分23秒 

 

 

 

参考資料

 「黄金の腕を持った男」レコードジャケット

 「黄金の腕(メイン・タイトル)」レコードジャケット

 『ダンスと音楽』モダン・ダンス社

 『洋楽シングルカタログ RCA編』オールデイーズ

 『映画音楽百選』ケイ・エム・ピー

 「バンドプロデューサー5」

 allcinema『黄金の腕』(Webサイト)