ヒット曲けんきゅうしつ

流行した音楽を探して、色々考えるブログ

「Un monde Parfait」Ilona Mitrecey(2005年)

f:id:hitchartjapan:20191208090347j:plain

「Un monde Parfait」Ilona Mitrecey

流行時期(いつ流行った?)

 TOP50(フランスのオリコン的ヒットチャート)のランキングによると、Ilona Mitrecey(イローナ・ミトレシー)さんの「Un monde Parfait」は、2005年2月末から9月上旬にかけてヒットしています。

 

 3月から6月中旬にかけて15週間連続で首位を獲得し、半年以上10位以内にランクインしています。フランスでは2005年を代表する流行歌となった作品と推測されます。

 

 日本では、2007年2月に『ときめき☆アーモンドパフェ~アルバム』というタイトルで、アルバムが発売されています。2006年7月にシングルも発売されていたようですが、どちらも日本ではヒットはしていません。

 

 

同時期に日本で流行っていた曲(2005年3月~6月中旬)

 オレンジレンジさんの「*~アスタリスク~」「ラヴ・パレード」B'zさんの「愛のバクダン」大塚愛さんの「SMILY」などが首位となっています。

 その年を代表するヒット曲ではない作品が週替わりで1位を獲得する流れが徐々に始まっているように感じます。

 

 その他には、2月末に首位となったケツメイシさんの「さくら」アンダーグラフさんの「ツバサ」がヒットしています。

 スキマスイッチさんの「全力少年」クレイジーケンバンドさんの「タイガー&ドラゴン」も上位にランクインしています。

 

 


ILONA - Un monde parfait

 

 

お子様向けの大ヒット曲

 動画の出だしに『KIDS TV』と表示されておりますので、「Un Monde Parfait」は子供向けの作品のようです。

 下部の文章、『Cliquez Ici Et Decouvrez D'autres Videos Pour Vos Enfants』は、google翻訳によると、「ここをクリックして、お子様向けの他のビデオを見つけてください」という意味のようです。

 

 日本でも「およげ!たいやきくん」(1976年)や「だんご3兄弟」(1999年)が空前の大ヒットとなったように、子供向けの作品が大規模なヒットを記録する傾向にあるのは世界共通かも知れません。

 

 

CGの女の子が歌手

 この作品を歌っているのは、動画に登場する女の子のキャラクターです。

 

 『ときめき☆アーモンドパフェ~アルバム』の解説によると、当時フランスでは、「実際に歌っているのは誰なのか?」、「CGキャラが歌手なので、架空のバーチャル・アイドルなのか?」と話題になったようです。

 

 素性が分からない覆面歌手というのは、日本の流行歌でも登場しています。「東京のバスガール」(1957年)等のヒット曲を持つコロムビア・ローズさんがおられます。

 海外でも1950年代後半に活躍したリカルド・サントスさんが同じように正体を明かさない手法で話題を作っていたようです。

 

 「Automatic」(1998、99年)で宇多田ヒカルさんが登場した時のような感じ、と表現した方が分かりやすいかも知れません(^_^;A。

 

 狙っていたのかどうか分かりませんが、様々な情報を伏せる事で、謎めいた印象を聴き手に抱かせた事と思われます。

 おそらく、フランスで「Un Monde Parfait」が登場した時も、多くの人が関心を抱いた事と思われます。

 

 

日本的なキャラデザイン

 プロモのキャラは、ディズニーや日本人が描くアニメキャラみたいに、リアルさを払拭出来ていないと感じますが、海外の方がデザインされたキャラクターにしては、割とデフォルメされた可愛いデザインという印象を受けます。

 

 この年フランスでは、立体的に映像化したキャラクターを表現できるコンピュータ・グラフィックスの3D技術が注目されたようです。

 「Un Monde Parfait」の前に登場した、Crazy Frog(クレイジー・フロッグ)さんの「Axcel F」(2005年)の大ヒットがきっかけであると推測されます。 

 クレイジー・フロッグさんは、妙にリアルであまり可愛くないカエルのキャラクターです。 

 

 フランスでは、この作品がヒットした後、子供向けの作品にはCGキャラを作り出す流行が生まれます。

 赤ちゃん(Bébé Lilly)やモグラ(René la taupe)が題材になったキャラが登場しますが、正直な所、見た目はそれほど可愛くありません。

 

 おそらく、この作品のように3Dのキャラクターが歌手になる作品が色々登場したのはフランスのみの流行現象と推測されます。

 

 

楽曲分析

  「バンドプロデューサー5」の分析では、「Un Monde Parfait」はEマイナー(ホ短調)です。 

 

 日本では2005年に、O-ZONEさんの「恋のマイアヒ」がヒットした事もあり、「Un Monde Parfait」を「アーモンドパフェ」という空耳的な解釈で発売したようです。

 正確には「完璧な世界」という訳になります。プロモのように、動物も自由に行動出来て、人間と仲良く暮らせる世界、という子供が思い描く可愛らしい夢が歌われています。

 

 

参考資料

 TOP50(http://www.chartsinfrance.net/

 「you大樹」オリコン

 『ときめき☆アーモンドパフェ』CDジャケット

 「バンドプロデューサー5」