ヒット曲けんきゅうしつ

流行した音楽を探して、色々考えるブログ

「キサス・キサス・キサス」ナット・キング・コール(昭和34年)

f:id:hitchartjapan:20190917213516j:plain

「キサス・キサス・キサス」ナット・キング・コール

流行時期(いつ流行った?)

 ナット・キング・コール(Nat "King" Cole)さんの「キサス・キサス・キサス」(QUIZAS, QUIZAS, QUIZAS)は、昭和34年(1959年)にヒットしました。

 

 『ダンスと音楽』のランキング(下表)によると、昭和34年1月に発売されたレコードはロングセラーとなっています。

 4月から翌年2月にかけて、1年近くの間、ベストテンにランクインしています。

 

集計日付 順位
昭和34年2月 11位
昭和34年3月 12位
昭和34年4月 5位
昭和34年5月 7位
昭和34年6月 3位
昭和34年7月 2位
昭和34年8月 4位
昭和34年9月 2位
昭和34年10月 4位
昭和34年11月 7位
昭和34年12月 9位
昭和35年1月 8位
昭和35年2月 10位
昭和35年3月 19位

 

 6月に3位、7月に2位となっていますので、最もヒットしたのはこの時期かも知れません。

 

 

 レコードジャケットの解説では、「キング」をわざわざ「“キング”」と表現したり、「今までのナット・コール・ファンは」と記載されていますので、昔はナット・コールさんと呼ばれていたようです。

 いつから“キング”が付くようになったのかは分かりません。

 

 

 

同時期に流行った曲(昭和34年6月、7月)

 ピーナッツ・ハッコーとボブ・クロスビーのボブ・キャッツさんの「プティット・フルール(小さな花)」が首位となっています。

 また、リカルド・サントス楽団さんの盤も人気となっています。

 この曲は日本で大人気だったらしく、ザ・ピーナッツさんが「可愛い花」というタイトルで日本語カバーした作品でデビューされています。

 

 ディーン・マーティンさんの「ライフルと愛馬」ニール・セダカさんの「恋の日記」がヒットしています。 

 

 


Quizás, quizás, quizás - Nat King Cole

 

 

スペイン語のヒット曲

 スペイン語で歌われる「キサス・キサス・キサス」は、当時の新曲ではありません。歌詞カードの解説には「ラテンの名曲といわれ、今まで多くの歌手によって歌われています」と記載されています。

 

 

 日本はもちろん、アメリカでもスペイン語の曲がヒットする事は稀です。しかし、ヒットするときは爆発的な人気を得る、という不思議な特徴があります。

 

 「キサス・キサス・キサス」も1年ちかくヒットしていますので、当時ものすごく流行ったのだろうと推測できます。

 

 日本では昭和57、8年のフリオ・イグレシアスさんの「黒い瞳のナタリー」が最後かも知れませんが、アメリカでは「恋のマカレナ」(1996)や、「デスパシート」(2017)と、その年を代表する規模のヒット曲が生まれています。

 

 文化の違う人たちが聴いても「良い曲だね!」と感じさせる楽曲を作れるのはすごい事だと感じます。

 

 

楽曲分析

 「キサス・キサス・キサス」はDマイナー(ニ短調)です。サビでは同主調のDメジャー(ニ長調)に転調します。

 

 コールさんの歌唱も印象的で、歌い始めのAメロでは、低音が印象に残ります。転調するBメロでは、突然高音のメロディに変化してリズムも難しくなります。そして、再び低音のAメロに戻ります。

 ダイナミックな変化を感じる動きですが、巧みに歌いこなされていると感じます。

 

 

  イントロの部分は、Aメロよりも2度低いCマイナー(ハ短調)のようです。耳に残りやすい箇所をあえて変化させて、聴き手に「なんとなく不思議な感じ。」という印象を与えているようです。

 

 「キサス・キサス・キサス」は旋律的短音階で作られていますが、音楽的な変化を付けやすい(転調しやすい)音階かも知れません。

 サビ後のAメロで聴こえてくるピアノの音色も印象的で、美しいメロディが印象に残る作品です。

 

 

 曲情報

 発売元:東芝音楽工業株式会社

 レーベル:キャピトルレコード

 品番:7P-115

 A面

  「テキエロ・ディヒステ」

  原題:TE QUIERO, DIJISTE(Magic Is The Moonlight)

  演奏時間:2分48秒

 

 B面

  「キサス・キサス・キサス」

  原題:QUIZAS, QUIZAS, QUIZAS(Perhaps, Perhaps, Perhaps)

  演奏時間:2分43秒

 

参考資料

 「キサス・キサス・キサス」レコードジャケット

 『洋楽シングルカタログ 東芝編』オールデイーズ

 『ダンスと音楽』ダンスと音楽社

 『ラテン&フォルクローレ名曲全集』ドレミ楽譜出版社

 「バンドプロデューサー5」