ヒット曲けんきゅうしつ

流行した音楽を探して、色々考えるブログ

「自動車ショー歌」小林旭(昭和40年)

f:id:hitchartjapan:20190712225053j:plain

 
流行時期(いつ流行った?)

 小林旭さんの「自動車ショー歌」は、昭和39年10月に発売されました。昭和3、40年代の作品では、珍しく知名度の高い「自動車ショー歌」、当時の音楽雑誌の月間ランキングに記録されていました。

 

集計日付 順位
昭和39年10月 19位
昭和39年11月 20位圏外
昭和39年12月 20位圏外
昭和40年1月 15位
昭和40年2月 17位

 ※『ミュージックマンスリー』の歌謡曲部門のランキング推移

 

 自動車メーカーの会社名を意味が通るように歌詞に充てはめる、という奇抜なテーマだった事が影響したようで、流行り方としては、大ヒット!というのではなく、目立たない順位で推移しています。

 

 普通のヒット曲であれば、ランキングの圏外に順位が落ちると、そのまま消えてしまうのですが、なぜか「自動車ショー歌」は、翌年の昭和40年に入ってから再びランクインしています。

 

 もしかしたら、それほどの枚数をプレスしていなかったのかもしれません。予想外に人気があって、追加生産した結果、再びランクインしたとも思えます。

 

 結果的には初のチャートインから4ヶ月後も支持されています。時が経つにつれて、作品の面白さが受け入れられたようなランキング推移です。

 

 最高順位は低いながらも、少しずつ支持され続けてロングセラーとなったと推測されます。

 

奇抜な企画

  この作品だけで考えると、『どうして小林旭さんは「自動車ショー歌」を歌ったの?』と感じてしまいます。しかし、この作品の前に、山手線の駅名を歌詞にちりばめた「恋の山手線」を発売され、ヒットしています。

 

 「自動車ショー歌」は、「恋の山手線」のヒットを反響から、『同じ感じの作品を作ろう!』と企画された作品であると感じます。

 

 “山手線の駅名”の次に、“自動車メーカー名”を題材にしたところは興味深いです。

 

 新幹線が開通したのが、「恋の山手線」がヒットした昭和39年ですので、“東海道新幹線の駅名”で歌を作る発想もあったと思います。

 

 しかし、鉄道でシリーズ化するのではなく、乗り物という発想からか自動車が題材に変わっています。

 

移籍前と移籍後

 小林旭さんは日本コロムビアに所属する歌手でした。その後、日本コロムビアさんから、独立する形で創設された日本クラウンさんに移籍しています。

 

 実は「恋の山手線」が日本コロムビアの作品で、「自動車ショー歌」は移籍先の日本クラウンさんから発売されています。

 聴き手にとっては、この2曲を連続した企画作として認識しますが、発売された会社が異なります。

 

 移籍前にヒットした曲の企画を踏襲して、新曲を製作した事は不思議に感じます。

 

 移籍前のレコード会社からすれば、あまり良い気はしない事と思います。それに、移籍先で似た作品を製作するのであれば、所属会社を変える理由は無かったのでは?と考えてしまいます。

 

 

 「バンドプロデューサー5」の分析では、「自動車ショー歌」はE♭メジャー(変ホ長調)です。

 

曲情報

 発売元:日本クラウン株式会社

 品番:CW-170

 A面

  「自動車ショー歌」

  作詞:星野哲郎

  作曲:叶弦大

  編曲:重松岩雄

  演奏時間:2分40秒

 

  宮間利之とニューハード・オーケストラ

 

 B面

  「ほらふきマドロス」

  作詞:星野哲郎

  作曲:叶弦大

  編曲:重松岩雄

  演奏時間:2分56秒

 

  宮間利之とニューハード・オーケストラ

 

参考資料

 「自動車ショー歌」レコードジャケット

 「恋の山手線」レコードジャケット

 『ミュージックマンスリー』月刊ミュジック社

 「バンドプロデューサー5」