ヒット曲けんきゅうしつ

流行した音楽を探して、色々考えるブログ

日本で最も支持されたブラス・ロックのシングル盤「黒い炎」チェイス(昭和46年)

f:id:hitchartjapan:20190506222321j:plain

 

 昭和40年代前後、ビートルズさんの登場をきっかけにして、日本でも、若い世代がバンドを組み、オリジナルの作品を吹き込める時代に変わっていきました。

 

 昭和30年代のエルヴィス・プレスリーさんが登場した頃は、日本の音楽業界は若者に対して、商品化する活動をする事を認めていなかったようで、海外の作品を日本語でカバーする、ロカビリー歌手しか登場しませんでした。

 

 レコード音楽が若者の文化へと移行し始めた昭和40年代ですが、日本ではアイドルソングやフォークソングが主流となり、海外の流行とは違うルートを歩み始めていました。

 

 シングル盤でも洋楽ヒットが少なくなり始めた時期に登場したのが、チェイスさんの「黒い炎」です。発売日は1971年8月21日。同年10月から12月にかけてヒットしました。


 

 「黒い炎」は、カテゴリ分けするとブラス・ロックに該当する作品です。1970年代初頭に人気となったジャンルで、レコードジャケットに記載されているブラッド・スウェット・アンド・ティアーズさん、シカゴさんが代表的なバンドです。

 

 シングル盤ではチェイスさんの「黒い炎」が高い支持を得ましたが、LP盤ではシカゴさんが最も人気となっていたようです。

 

 金管楽器が編成に含まれているロックバンドの作品が、ブラス・ロックと定義されているようです。

 

 チェイスさんは、すでにシカゴさんが活躍している時期に登場しましたが、「黒い炎」は、迫力のあるトランペットのサウンドから始まり、一気に作品の世界に引き込まれてしまいます。

 

 ボーカルも、ブラスに負けずに力強く畳みかけるような歌唱をするので、聴いていて楽しい作品です。

 

 バンドプロデューサーの分析では、「黒い炎」はFメジャー(ヘ長調)。「ある愛の詩」や「小さな恋のメロディ(メロディ・フェア)」の映画主題歌がヒットしていた年に、今でも新鮮さを感じる「黒い炎」がヒットしていた事が意外に感じました。

 

曲情報

 発売元:CBS・ソニーレコード株式会社

 品番:EPIC-83001

 

 A面

  「黒い炎」

  原題:GET IT ON

  演奏時間:2分58秒

 

 

 B面

  「リバー」

  原題:RIVER

  演奏時間:4分34秒

 

 

参考文献

 「黒い炎」レコードジャケット

 『オリコンチャート・ブック アーティスト編全シングル作品』オリコン

 『オリコンチャートブック〈LP編(昭和45年‐平成1年)>』

 「バンドプロデューサー5」