ヒット曲けんきゅうしつ

流行した音楽を探して、色々考えるブログ

「いつまでもいつまでも」ザ・サベージ(昭和41年)

流行時期(いつ流行った?) ザ・サベージさんの「いつまでもいつまでも」は昭和41年(1966年)にヒットしました。 『ミュージックマンスリー』のランキングによると、8、9月に2ヶ月連続で1位を獲得されるほどの大ヒットとなっています。 集計日付…

「バラ・バラ」レインボウズ(昭和42年)

流行時期(いつ流行った?) レインボウズさんの「バラ・バラ」は昭和42年(1967年)にヒットしました。『レコードマンスリー』のランキングによると、1月に発売された「バラ・バラ」が最もヒットしたのは3月になります。 集計日付 順位 昭和42年2月…

「霧のカレリア」ザ・スプートニクス(昭和41年)

流行時期(いつ流行った?) 昭和40年代、エレキギターの演奏は世界中で流行していたようです。日本ではベンチャーズさんが支持されましたが、ベンチャーズさんに続いて支持を集めたのは、北欧スエーデンのグループ、ザ・スプートニクスさんでした。 ザ・…

「恋の合言葉」モンキーズ(昭和42年)

流行時期(いつ流行った?) モンキーズさんの「恋の合言葉」は昭和42年にヒットしました。『レコードマンスリー』のランキングによると、10月から12月にかけてヒットしたようです。 順位はそれほど高くないものの、5ヶ月間ランクインするロングセラ…

「星のフラメンコ」西郷輝彦(昭和41年)

流行時期(いつ流行った?) 西郷輝彦さんの代表曲と言える「星のフラメンコ」は、昭和41年(1966年)7月月に発売されました。 『ミュージックマンスリー』の月間ランキングによると、発売された月に首位を獲得されているため、前評判が高く、ファンに人…

「好きさ好きさ好きさ」ザ・カーナビーツ(昭和42年)

流行時期(いつ流行った?) ザ・カーナビーツさんの「好きさ好きさ好きさ」は昭和42年にヒットしました。 『レコードマンスリー』のランキングによると、最もヒットしたのは8月のようです。 集計日付 順位 昭和42年6月 23位 昭和42年7月 4位 昭和42年8月…

「函館の女」北島三郎(昭和41年)

流行時期(いつ流行った?) 北島三郎さんの代表曲の1つと感じる「函館の女」は、昭和40年11月に発売され、昭和41年にヒットしました。 『ミュージックマンスリー』のランキングでは、8ヶ月間もランクインしています。昭和41年を代表するヒット曲…

「たそがれの赤い月」ジュディ・オング(昭和42年)

流行時期(いつ流行った?) ジュディ・オングさんは、現在では「魅せられて」で昭和54年のレコード大賞を受賞された方として有名です。この作品が大ヒットしたため、とても多くの方が、受賞曲を歌う際の衣装とともに、何年経っても記憶に残っておられると…

「あの娘たずねて」佐々木新一(昭和41年)

流行時期(いつ流行った?) 佐々木新一さんの「あの娘たずねて」(あのこ たずねて)は昭和41年(1966年)にヒットしました。 『ミュージックマンスリー』のランキングによると、最もヒットしたのは、昭和41年5月になります。 集計日付 順位 昭和4…

「君こそわが命」水原弘(昭和42年)

流行時期(いつ流行った?) 水原弘さんの「君こそわが命」は、昭和42年(1967年)にヒットしました。 『レコードマンスリー』のランキングによると、2月から4月にかけて3ヶ月連続首位を獲得する大ヒット作品となっています。 集計日付 順位 昭和42…

「逢いたくて逢いたくて」園まり(昭和41年)

流行時期(いつ流行った?) 園まりさんの「逢いたくて逢いたくて」は、昭和41年(1966年)にヒットしました。 前年の紅白歌合戦でこの作品を歌唱されていますので、もしかしたら、紅白をきっかけにヒットをしたのかも知れません。 『ミュージックマン…

「花はおそかった」美樹克彦(昭和42年)

流行時期(いつ流行った?) 美樹克彦さんの「花はおそかった」は、昭和42年にヒットしました。『レコードマンスリー』の月間ランキングによると、4、5月に最もヒットしていたようです。 集計日付 順位 昭和42年3月 23位 昭和42年4月 5位 昭和42年5月 5…

「浪曲子守唄」一節太郎(昭和41年)

流行時期(いつ流行った?) 一節太郎(ひとふし たろう)さんの「浪曲子守唄」は、レコードの発売から、曲がヒットするまでにとても時間がかかった作品の1つです。 昭和38年(1963年)12月に発売されましたが、ヒットチャートに登場したのは、昭和…

「いとしのマックス(マックス・ア・ゴーゴー)」荒木一郎(昭和42年)

流行時期(いつ流行った?) 荒木一郎さんの「いとしのマックス(マックス・ア・ゴーゴー)」は、昭和42年(1967年)にヒットしました。 『レコードマンスリー』の“全国のレコード店がえらんだ今月のベスト・セラーズ”のヒットチャートによると、昭和…

「骨まで愛して」城卓矢(昭和41年)

流行時期(いつ流行った?) 城卓矢(じょう たくや)さんの歌う「骨まで愛して」は、昭和41年(1966年)にヒットしました。 『ミュージックマンスリー』の“全国のレコード店がえらんだ今月のベスト・セラーズ”のヒットチャートでは、昭和41年の4、…

「勇気あるもの」吉永小百合とトニーズ(昭和42年)

流行時期(いつ流行った?) 吉永小百合さんとトニーズさんが歌う「勇気あるもの」は、昭和41年(1966年)10月に発売されました。年末の紅白歌合戦でこの作品を歌唱されています。 『レコードマンスリー』の“全国のレコード店のえらんだ今月のベスト…

「銀座ブルース」和田弘とマヒナスターズ、松平直樹、松尾和子(昭和41年)

昭和の流行歌に登場する“ご当地ソング”。実在の街の文化を象徴する単語がちりばめられた作品ですが、このジャンルには暗黙の価値観があります。 それは“都会と地方都市”の関係です。都会と言えばもちろん首都である東京です。歌謡曲に登場する街で人気なのは…

「恋人と呼んでみたい」永井秀和(昭和42年)

オリコンの記録を参照すると、永井秀和さんの「恋人と呼んでみたい」が発売されたのは昭和42年10月5日です。 しかし、ミュージックマンスリーのランキングでは昭和42年9月、10月にヒットしていました。 集計日付 順位 昭和42年9月25日 20位 昭和42…

「ポカンポカン」梓みちよ(昭和41年)

昭和41年のヒット曲には、あるキーワードがあります。それは、“ふたり”です。 この年を代表するヒット曲、「君といつまでも」がそうさせたのか、元々この年には、みんなが幸せを実感する世の中の雰囲気があったのかは分かりませんが、同年にヒットした梓み…

「恋のメキシカン・ロック」橋幸夫(昭和42年)

ヒットチャートの無い時代の作品は、後世で語り継がれる間に、「きっと、当時すごく流行った曲なんだろう。」と感じる作品があります。 しかし、実際に当時の記録を見返すと、「アレ?そんなに流行ってたのかな?」と感じる作品も存在します。 今回取り上げ…

「オバケのQ太郎」石川進(昭和41年)

テレビアニメが流行歌に登場し始めたのは、昭和30年代後期です。当時は、“アニメ”という呼称は存在せず、漫画の映像化であり、テレビ映像も白黒だったためか"テレビまんが”と表現されていました。 初のテレビアニメのヒット曲は「エイトマン」(昭和38年…

「WE ARE THE CHAMP~THE NAME OF THE GAME~(Anderlecht Chanpion)」THE WAVES(平成5年)

平成5年にJリーグが開幕し、ヒットチャートに初めてサッカーをテーマにした作品が登場しました。THE WAVESさんの「WE ARE THE CHAMP~THE NAME OF THE GAME~(Anderlecht Champion)」です。 タイトルよりも、オーレとかオレオレオレと表現した方が分かり…

「替え唄メドレー」嘉門達夫(平成3年)

平成3年にヒットした「替え唄メドレー」は異色の作品です。当時の人たちなら知っているであろう流行歌のメロディを引用し、必ずオチのある替え歌に歌詞を変えた作品です。曲が次々変わるので、音楽性は全くなく、笑いのための作品です。 流行する音楽に求め…

「ランバダ」カオマ(平成2年)

カオマさんの「ランバダ」は平成元年11月に発売されました。この曲の人気に火が付いたのは翌年になってからです。オリコンチャートでは、4か月後の翌年4、5月に上位にランクインしました。 平成のヒットチャートではかなり珍しくなった洋楽シングルのヒ…

「夢想花」円広志(昭和54年)

「夢想花」(むそうばな)は、昭和53年11月に発売されました。円広志(まどかひろし)さんのデビュー曲です。 翌年の1月から2月に、ベストテン入りするヒット曲となりました。 「夢想花」というタイトルではなく、曲中に何度も繰り返される“とんで”や“…

「ステイン・アライヴ」ビー・ジーズ(昭和53年)

昭和53年はディスコ・サウンドが大流行した年でした。映画『サタディ・ナイト・フィーヴァー』が公開された年で、この映画のヒットによって、数年前から注目を浴びていたディスコ・サウンドがたくさんの人たちに支持されるようになりました。 ディスコ・サ…

「19:00の街」野口五郎(昭和58年)

昭和58年のヒット曲「19:00の街」は野口五郎さんの作品です。19時の街(じゅうくじのまち)と読みます。 1月に発売されたレコードは、ベストテン入りはしておりませんが、2月末から4月末にかけてヒットしました。 テレビドラマ『誰かが私を愛してる』の…

「セレソ・ローサ」ペレス・プラード楽団(昭和30年)

『ダンスと音楽』に掲載されている昭和2、30年の洋楽ヒットチャートを眺めていると、「マンボ・なんとか」、「なんとか・マンボ」と名付けられた作品が数多く登場する時期がある事に気付きます。 ラテン音楽のひとつである“マンボ”が、当時、アメリカでか…

「ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)」荻野目洋子(昭和61年)

昭和60年前後に、“洋楽作品を日本語でカバーする流行”がありました。 こう表現すると、昭和30年代と同じ現象なので、「流行って周期的に繰り返すのかな?」と考えたりもします。 しかし実態は異なるように感じます。昭和60年代に日本語カバーされた作…

「スエーデンの城」レーモン・ル・セネシャル指揮の楽団(昭和39年)

昭和30年代の洋楽ヒットチャートには、映画館のスクリーンで流れた音楽が登場する事が頻繁にありました。 昭和39年にヒットした「スエーデンの城」も、当時日本で公開されたフランス映画の主題曲です。 日本で初めて売上ランキングの作成を試みた雑誌『…